生成モデルと、センサーと、分類器

(この記事は書きかけです)

今日朝ちらっと見たヤフーニュースの記事が思いのほか面白かったのでメモ。
農業の「人工知能」活用を阻む最大の壁は何か

この記事を読んで、すぐに思い出したのが、松尾先生のPDFである。
ディープラーニングと進化

残念ながら私はセンター模試で数学の成績が学年の下位1割に入ってしまう人間で、大学以降は一切数学を勉強してこなかったので「双対問題」という単語の意味はわからない。

だけど直感的には、この2つの記事の間にある何かは大事なんだろうなと思う。
DeepLearningは便利な分類器としてではなく、もっと生成モデルの仮説を立てたり、そのパラメータを絞り出すために用いるべきだ、みたいな…。
こういうの、いつか自分なりの理解を持てるようになりたいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です