Rubyを使ってDICOM画像で遊んでみる

投稿者: | 2017年5月25日

RubyでDICOM画像を扱う情報がほとんどないので少しずつメモしてみる。

ruby-dicomhttps://github.com/dicom/ruby-dicom

インストール

DICOM画像を読み込む

メタデータを取り出す

画像データを取り出す

IRuby Notebook上にDICOM画像を表示する

imageメソッドで、ImageMagickオブジェクトに変換できる。
内部ではrmagickもしくはmini_magickが動いている。
rmagickは更新が滞っているので、mini_magickがおすすめ。


※画像はDSB2017に使用されたsampleの1つです

ヒストグラムを表示する


Guido ZuidhofFull Preprocessing Tutorial
の序盤をRubyに書き換えてみた。とりあえず動いてくれればOKという発想なので、例によって間違いあるかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です