Skip to content

今まで考えてきたことのコアをまとめてみる

自分による自分のためのメモ
これは自分にとっての事実であって、他人にとっては事実ではない

・私達を包み込むCPU/GPUを使わない大きな人工知能があって、多くの人々はその歯車として生きている
 ・私達が人工知能を使うのではなく、人工知能のなかに私達が住んでいる
 ・人の中に知恵が蓄積されていると思い込んでいる人が多いが、実際には、人と人のコミュニケーションの結合に知恵が集積されている
 ・シンギュラリティはすでに何千も前に通り過ぎており、CPU/GPUによる人工知能も今までの進歩の延長にある

・機械化が可能な仕事は、実はほとんど機械化されている
 ・まだ機械化されていない仕事は、対人用インターフェイス(特に感情の把握)が必要なケース
 ・そして、この世で対人用感情インターフェースが必要になるケースは極めて多い
 ・人は能力が給与を規定するという考え方が好きだが事実に反する。給料は感情的労働の成果に比例しており技術や能力とは関係ない

・人間は視覚からの判定能力に優れているため、実社会で動いている多くの「人工知能」は、情報を視覚情報に加工するために用いられる
 ・しかし多くの人は、それらを人工知能であると認識しない
 ・単に情報を流すパイプのようなものだと思っている

・人間やシステムは思いのほか淘汰・チューニングされまくっている
 ・「問題とされるもの」は、その時代や社会環境との相互依存で生じる
 ・前の時代に最適化された集団・システムが、新しい外部環境で不具合を生じる
  ・皮肉なことに、新しい外部環境は、しばしば前の時代に最適化されたシステムそのものによってもたらされる
 ・「問題とされるもの」が単体で存在し、いつも正しく対処しなければならないという考え方は傲慢か過信である

というポエムを書くヒマがあったら野菜を食べて運動しようよ。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*