Ruby で畳み込みニューラルネットワーク(VGG-16)

投稿者: | 2016年9月23日

RubyでVGG16による画像分類を書いてみました。

行列計算はいつも通りNumo::NArrayを使いました。
学習済みの重みとバイアスは、こちらのchainerモデル(元々はCaffe)から取り出しました。

convの部分は、Rubyのループと、NArrayの行列計算が同居しています。遅いですがメモリをあまり食いません。
まだまだ改良の余地はありそうです。しかし、Pythonを使って計算したモデルを使っていますので「Ruby で Deep Learning」はできていませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です