落書き Ruby/Tkでリアルタイムプロット

投稿者: | 2016年9月5日

使うもの
・Ruby/Tk + Plotchart
・dRuby

Ruby/Tk はThreadとの相性が非常に悪く、非同期処理やメインループを2つ回すような作業をやろうとすると上手くいかないことが多いです。
そこで真ん中にdRubyサーバーを挟みます。これで大抵の処理はRuby/Tkでリアルタイムに表示することができます。

drb.rb

env.rb

plot.rb

あとはdrb.rb、env.rb、plot.rbの順番に実行します。
終了するときはゾンビプロセスを残さないように気をつけます。

学習中や、順伝播中のニューラルネットワークの重みを表示するみたいなよくあるネタをやってみようかしらん。でもそれだけじゃあまりにも面白くないからもうひと工夫したいところ。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です